出産レポ⑤無痛分娩の処置〜促進剤

スポンサーリンク

f:id:cathy03:20190626181736j:image
f:id:cathy03:20190626181746j:image
f:id:cathy03:20190626181740j:image
f:id:cathy03:20190626181743j:image

 

私は無痛分娩を希望していました。

 

無痛分娩にもいろいろあるようですが、

私の病院は、硬膜外麻酔という、

背中に通した管から麻酔を入れる方法です。

計画出産でなくても

無痛で産める病院なのですが、

その処置をする時間が、

時間内かどうかで料金が変わってくるそうで。

 

ならぜひ時間内にお願いします!(笑)

と言うまでもなく、

処置をしていただきました。

 

背中に針を刺す、というのは怖かったですが、

怖いからって、反射的に動いてしまうと、

針がズレてしまうこともあるそうです。

 

また、実際に無痛分娩だったものの

針(?)がズレてしまったのか、

別のところが痺れ、おなかは痛いままだった、

という知人の話も聞いていたので。

(処置をやり直したら、おなかの痛みはすっと消えたそうです)

 

私も、

処置には気合いを入れて(?)臨みました。

結果、先生にお褒めの言葉をいただくほど

うまく入ったようでした。(^^)

この時点では、管だけが入っており、

麻酔はまだ入っていない状態です。

 

そして抗生剤と促進剤の服用。

抗生剤は、

破水して入り口オープンなところから

赤ちゃんに細菌感染するのを防ぐため、

とのことでした。

 

促進剤は錠剤タイプのもので、

数時間おきに服用。

徐々に効果があらわれてくる…

はずなのですが。

なんら変わりなく。。

 

破水しているので、

あまり動くのもよくないそうで、

(というかモニターつけてて動けないし)

ちょっとヒマでした。

 

その分、

唯一のできることだった食事には

気合い入りまくり!(笑)

腹が減っては、なんとやら、です。

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます!

出産レポ、続きます。

タイトルとURLをコピーしました