出産レポ⑦痛みに耐えたのに

スポンサーリンク

f:id:cathy03:20190628192447j:image
f:id:cathy03:20190628192453j:image
f:id:cathy03:20190628192450j:image
f:id:cathy03:20190628192456j:image

 

朝から数回続けて促進剤を服用した効果か、

この時間帯はかなりおなかが痛みました。

 

といっても、生理痛の1番ひどいときくらい。

麻酔が使えることがわかっていたけれど、

どんどん痛くなっていくのが未知の感覚で、

恐怖でもありました。

 

麻酔を使うと、

子宮の収縮が弱くなることがあるそうです。

このとき担当の助産師さんは、

「ちょっとでも辛ければ麻酔しましょう!」

と言ってくださる方でしたが、

私は早くお産を進めたかったので、

この時点では結局使いませんでした。

 

と、自分的にはガマンしたのに、

全然子宮口が開いていなくて、

せつなかった…!

 

まったく痛くなかった朝と同じって、

どゆこと!?(泣)

 

 

夫は、この日結局、仕事を休みました。

お産の進みもゆっくりだったし、

「行ってもいいよ、何かあったら呼ぶから」

と言ったのですが。

促進剤の効き目が人によって異なるので

展開がよめないこと、

私の調子も数時間おきに突然変わるので

落ち着かないこと、

から考えて休んだようですが、

かえって、

ハラハラ疲れた1日になったようです。

 

病院にいてもらっても、

してもらうことは特になかったので

結局、早めに家に帰って

寝ておいてもらうことにしました。

(夜中の有事に備えて。)

 

私もどっと疲れました。。(気疲れ)

 

 

出産レポ、続きます。

お読みいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました