出産レポ⑨遠のいた陣痛…

スポンサーリンク

f:id:cathy03:20190630213524j:image
f:id:cathy03:20190630213507j:image
f:id:cathy03:20190630213512j:image
f:id:cathy03:20190630213516j:image

 

 

吹き出しの色が紛らわしくてごめんなさい。。

 

このとき午後10時なのですが、

昼とか夜とかマヒしてました(汗)。

 

破水してるし、

できるだけ早く産んであげた方がいい。

そのために、

少しずつでもお産が進んでくれればいい、

と思って飲んだ促進剤だったのに。

 

全然進まないうえに、

前駆陣痛に逆戻りというか、

退歩しているような様子に

気持ちはションボリでした…。

 

それでも、朝はなかった痛みが

今も続いていることから

「これが陣痛につながる!」

と信じずにはいられませんでした。

 

 

あとからわかったのですが、

促進剤の投与の仕方を含め、

お産を人為的に起こす場合には

割と昼間のうちに産めるように

コントロールしているようです。

 

夜は助産師さんの人数が激減するため、

産気づいた人の対応でいっぱいいっぱい。

だから、あえて夜に産ませることは避ける。

私のように、夕方までに進んでいない人は

次の日の昼間に、仕切り直しの方針。

 

つまり、今日の夕方の時点で、

病院的には、私のお産は翌日持ち越し。

(もちろん、

夜中に自然と本陣痛がついてくれば

産むことになるのですが。)

 

 

そのことをこの時知っていたら、

「明日頑張ろう!」

と気持ちを切り替えられた気がします。

「薬飲んだし、きっと陣痛くる!」

とヘンに構えていた分、余計な疲労。。

助産師さんも、

私の気持ちがしぼんでしまわないよう

気遣ってくださったのだと思いますが。

 

痛みも続いていたし、麻酔入れてもらって、

グッスリ寝ればよかったです。

 

 

 

というわけで、出産レポ、2日目に続きます。

お読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました