出産レポ15 子宮口全開の分娩室で…?

スポンサーリンク

f:id:cathy03:20190706214103j:image
f:id:cathy03:20190706214051j:image
f:id:cathy03:20190706214100j:image
f:id:cathy03:20190706214056j:image

 

前回に続き、破水から2日目、

分娩室に移動、子宮口全開。

喜びもつかの間、

いきむお許しが出たものの、

助産師さんは退室してしまいました。

 

麻酔が入っているので

陣痛の痛みはほぼありませんでした。

ただ、

おしりのあたりに

出したくなる波がギューっとやってきて、

苦しかったです。

 

 

分娩室には夫が一緒にいてくれましたが、

この段階では

汗を拭いてもらうのと、

飲みものを出してもらうくらいしか、

やってもらいたいこともなく、

夫は手持ちぶさた気味でした。。

おしゃべり、という元気もないし。

 

というか、私の場合、

いきみ逃しの時間が短かったので、

あまり夫の活躍(?)の場がありませんでした。

(テニスボールとか

はりきって練習してたのに…笑)

 

 

「早く助産師さんにきてほしい」

(=産めるタイミングになってほしい)

という思いでいっぱいだったのですが、

 

 

その時、絶妙なタイミングで

おやつの飲み物を聞きに来てくださった

食事担当さん。。

 

ここの病院はおやつも

とってもおいしかったので、

メニューに合わせて飲み物を選ぶのが

私の楽しみでした。

 

 

助産師さんを待っていただけに、

そして食べれると思われるくらい産まれそうもないのか?ということに、

ちょっぴりガッカリしつつも(ゴメンナサイ)、

図々しくお願いしました。

「今食べられないので冷蔵庫にお願いします」

と、厚かましく(笑)。

 

おそるべし、食い意地…!

 

 

 

 

出産レポ、そろそろ産みたいですが、

続きます。

お読みいただきありがとうございます!

 

タイトルとURLをコピーしました