出産レポ16 子宮口全開から1時間…

スポンサーリンク

f:id:cathy03:20190707214417j:image
f:id:cathy03:20190707214410j:image
f:id:cathy03:20190707214413j:image
f:id:cathy03:20190707214422j:image

 

前回に続き、分娩室にて。

子宮口全開から、かれこれ1時間。

 

助産師さんが退室していたことから

「まだうまれないんだろうな…」

と思いつつも、

 

「なら、次来てくれたときには、

ほぼ産んでる勢いで!」

と思い、

陣痛の波にのって、静かにいきんでいました。

 

無痛分娩の麻酔が効いていたこともあり、

おなかの痛みはほぼなく。

ただ、波がくると、

やたらに出したい感じがギューっときて、

苦しい感じ、

 

だったのですが。

 

 

どういうわけか、陣痛の波にのって、

おしりの辺りを激痛が襲い始めました。

 

内部からおしりに向かって

出てこようとするような痛みです。

 

当然おしりからは出てくるわけないのに、

おなかではない、おしりの痛みが

尋常じゃないことに不安を覚え、

とうとう助産師さんを呼びました。

 

時刻は午後4時。

分娩室に入って1時間。

促進剤開始から約6時間。

破水から約34時間。

 

 

助産師さん曰く、

おしりが痛いのは赤ちゃんがおりてきたから、

とのこと。

言われるがまま、いきんでみせると、

「いきんだとき、

フサフサな髪の毛が少し出ていますよ!

頭がもう見えてます♬」

と言われました。

 

 

 

 

 

えっ…

 

 

 

 

ええっ…

 

 

 

 

 

 

進んでて、超嬉しいんですけど!!!(涙)

 

 

 

 

よし!もうこのまま産むぞ!

と思いましたが、まだ時間がかかりそう。

体力の消耗を防ぐためにと

麻酔を追加してもらいました。

不思議とおしりの痛みもラクになりました。

 

 

もう産むぞ!!

 

 

 

出産レポ、続いてます。

いつもお読みいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました